叔母が未亡人になって…

叔母が未亡人になって…

1ファイル配信

100ポイント

渡辺やよい(著)/柳橋マンドレ(イラスト)

綜合図書

佐竹奏太は両親に代わって、叔母の城田果帆が家にやってくるのを出迎えていた。37歳の果帆は2年前に夫を亡くしている。子供の親権は相手の親に取られ、奏太たちの家でしばらく過ごすことになったのだ。20年ぶりに会った夏帆に奏太はドキドキしてしまった。彼女は透き通るように色が白く、メリハリのある身体つき、染めていない艶やかな黒髪、少し影のある美貌が色っぽく、しっとりと成熟した女性の魅力に溢れている。紺色のシンプルなワンピースに身を包んでいた。奏太は思い出さずにはいられなかった。20年前、7歳だった奏太は彼女と一緒にお風呂に入り、柔らかな乳房に触れて、初めて勃起し、イッてしまったのだ。一見、落ち着いた様子の果帆だったが、誰もいない家で寂しさのあまり……。

 こちらもオススメ


他の特集を見る > 
 ジャンルで探す
少女コミックレディース
少年コミック青年コミック
ティーンズラブボーイズラブ
他の作品を検索する >