強い会社と弱い会社はどう違うか〜会社を強くするための10の要諦〜

文芸 > ビジネス・教育 > 実用書
強い会社と弱い会社はどう違うか〜会社を強くするための10の要諦〜

1ファイル配信

299ポイント

奥野直哉著者/MBビジネス研究班著者

まんがびと

さっと読めるミニ書籍です(文章量10,000文字以上 11,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の20ページ程度)

【書籍説明】

会社が強くなければ、社員は幸せになれません。経営者自身も幸せになれません。
いったい、会社を強くするための原理原則というものはあるのでしょうか?
強い会社に共通していることとは何でしょうか?
何に視点を置けば、会社を強くしていけるのでしょうか?

このような問いに答えるものとして、本書をまとめました。
会社を強くするための原理原則はあります。
今回、特に重要な10項目を取り上げました。
実際に取り組む際に有効となる、「実践へのヒント」も記述してあります。

日々、厳しい役割を担っている経営トップ、経営幹部の方々にとって、本書が役に立てば、著者として最高の喜びです。


【目次】
その1 強い会社は、この経営資源を有効に活用しています!
その2 販売に関して、強い会社はこれを確認、追及しています!
その3 強い会社はこれを共有しています。そうするために、努力しています!
その4 強い会社の社員は、誰のために仕事をしているのでしょうか!
その5 弱い会社も計画までは立てられます。でも、強い会社はその後、必ずこれを実施しています!
その6 強い会社は、定期的に、この点検をしています!
その7 やはり、強い会社は、「S」を実践しています!
その8 会社を強くするために、これがすべての基本であり、絶対不可欠な原則です!
その9 強い会社には、この「ヒト」が存在します!弱い会社にいるのは「… 以上まえがきより抜粋

 こちらもオススメ


他の特集を見る > 
 ジャンルで探す
少女コミックレディース
少年コミック青年コミック
ティーンズラブボーイズラブ
他の作品を検索する >